弁護士の力が必要

弁護士低髄液圧症候群などの障害が認定されれば、加害者に慰謝料や賠償請求を請求できます。しかし、実際に自分で交渉していくということは難しいことが多いです。そもそも事故後というのは意識がなかなかはっきりしていないこともありますし、病気や怪我の状況によってはなかなか動けないという方もいるかもしれません。その場合でも弁護士を通じて話を進めてもらっておけば、解決のために力を注いでくれます。そういう点では、慰謝料や損害賠償の有無に関わらずまずは弁護士に相談しておくのが良いのではないでしょうか。

実際に弁護士はそれらの障害等級を精査し、どれくらいの慰謝料や損害賠償の請求が可能なのかどうかも考えてくれます。症状によっては、後々の人生を左右することにもなるので、その点も加味して交渉してもらうことが重要です。そのため、事故を起こされた、もしくは起こした時には相手の連絡先などもしっかり確認しておくようにしましょう。

事故を起こした場合、その記録は警察がしっかりと残してくれます。その他保険会社とも連絡を取って、自分に有利になるように話を進めてもらうと良いです。弁護士まで相談するという方は意外と少ないですが、弁護士に相談することによって得られるメリットは大きいです。近年は無料相談可能でデメリットがない弁護士事務所もあるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket