低髄液圧症候群とは

低髄液圧症候群低髄液圧症候群とはどういう症状なのかと言えば、簡単に言うとむち打ちの症状に関連したものが多いと考えられています。症状としては、頭痛やめまいの他、吐き気や耳鳴り、難聴、動悸、息切れ、声のかすれ、異常発汗、下痢、腹痛などがあります。それぞれ症状のすべてが出てくるということではなく、人によって感じ方が異なります。ただ、これらの症状が出ているのに放置している場合は、病状が悪化する場合もあるので、しっかりとした対応が必要となるでしょう。交通事故の衝撃というのは、自分では大丈夫だと思っていても、大丈夫ではない場合もあります

そこも理解して対策していくことが必要となります。また、低髄液圧症候群の場合は、むち打ち症などと関連して考えられていることが多く、たまに気付かない方もいます。まだ仮説の段階という話もありますが、色々な症状と関連していることがあるので、十分な注意が必要となります。そこは医師に相談してみることをおすすめします。また、これらの症状が悪化していくと、当然ですが障害として残ってしまう場合もあります。そうなると、加害者側に慰謝料や損害賠償を求めたくなるということもあるでしょう。まずは、それらの点もしっかり考えて相談するようにしてください。特に交通事故に強い弁護士などに相談することが重要となります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket